現代っ子世にはばかる

ゆとりを思う存分享受した世代です。

この世から消えるということ

この世から消えてなくなりたい。

 

この世に存在する全ての人の記憶から、私を抹消して、私の存在がなかったことにしたい。

 

要らない、私なんか。こんなクズはいらない。

 

最低。クズだ。私は。消えてなくなりたい。

 

どうして朝が来るんだろう。なんで今日が始まるんだろう。今日より良い明日なんか来ないのに。

 

ごはんを食べることが大好きだった。いくらでも食べられた、前は。なのに今は何を食べても気持ち悪いし、美味しくない。水さえも受け付けない。辛い。何をしていてもどうしようもない不安に駆られる。夜も眠れないんだ。でも、私はもともとデブだから、食べられなくなってよかった。痩せられる。痩せている方が可愛いんだ。もとから醜いのに、デブな私。最低だ。

 

 

死にたい。なんで私は生きているんだろうか。生きる価値のない人間なのに。死にたい。生きている自分が苦しい。自分がキモい。本当に気持ち悪い。最低。気持ち悪い。死にたい。

 

私みたいなクズは死んだらいい。死にたい。

 

 

色々と死ねる方法を探しているけれど、死に切れなかったらどうしようかと不安で、実行出来ない。こんなことすらできない、本当に私はゴミクズ以下だ。