読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代っ子世にはばかる

ゆとりを思う存分享受した世代です。

俳優としての【中島健人】は結構面白い

LOVE けんてぃー!
 
 
 
アイドルとしてのけんてぃーはプロ意識の塊で、もはや尊敬の域に達していると思う。いつでもキラキラ、たまに見せる芋っぽさが乙女心を掴んで離さない。私はそんなけんてぃーの虜です。
 アイドル・ラブホリ王子けんてぃーも十分に面白いけど、俳優としての彼も結構面白いと思うので、今回は俳優・中島健人の魅力について書いていきます!
 
 
 
 
 
 
 
 

1、 意外と地味男子役が多い

 

本職のアイドルの方では、事務所の先輩方もお前すげえな!と感嘆するほど、本当にキラッキラ。ラブホリ王子の名を欲しいままにしています。《けんてぃー=アイドル》のイメージが強いから、演技の方でもイケメン役や爆モテリア充役が多いのかと思いきや、案外地味男子役が多い。

 

・主人公の女の子に片想いするも、見向きもしてもらえない、クラスの目立たない男子(大切なことはすべて君が教えてくれた) 

・田舎で農業に奮闘する、野暮ったい男子(銀の匙

・受験に失敗し、行き場をなくした浪人生(黒服物語)

 

以上、中島健人が演じた役を一部書き出しました。野暮ったい感じもあるけど、なんかDT感あるよね。他にも真面目くん役など、わりと優等生キャラが多い。しかも風早くんタイプの優等生じゃない方で。ここが面白いんだよね!!!普通、セクシーサンキューかましちゃってる彼が、DT(だと完全に思い込んでる)を演ると、 見てる側は違和感しかないはず。だってそうじゃん、あんなイケメン野郎がDTなわけねえだろ!?って思うじゃん。けれど彼の場合、違和感はない。こういうやついるんだろうな〜(絶対いないんだけど)ってなんとなく思えるし、なんなら中島健人はDTなのかな?と勘違いすらしてしまうほどだ。

 

いつものキラキラオーラが、俳優になると消えるんだよね、良い意味で。そして意外と地味男子役がハマっているところがなんといっても面白い!ここが中島健人の面白いポイントだと思うな!!

 

 
 
 
 
 
 
 

2、ラブシーンが下手くそすぎる

 

なぜ地味男子役が似合うのか。それはラブシーンの下手くそさに隠れていると言えます。褒めてる、うん。彼のラブシーンは見ていてときめくというよりは、上手くやれるかな?大丈夫?って親心くすぐられるんだよね。
2年前くらい?の中島健人初主演ドラマ『黒服物語』の話をしたいんだけど、あのドラマさ、際どいシーンがたくさんあって1話からすごかったんだよね!中島くんが女の子のドレスのファスナー下ろしたり、靴舐めたり。私もあのドラマ観ていたけど、ジャニーズのGOサインよく出たよな〜〜って思っていた。
 
 
まあでも、1番は佐々木希とのベッドシーン!!あれはすごかったねーーーー。何がすごいって、あまりにもぎこちなさすぎる!!!笑  佐々木希の服のファスナーを下ろすところから、押し倒すシーンまで、動きが不自然だったし、ガチガチだっ た。確実にそういうエロ雰囲気を出すシーンだったのに、それが全く醸し出されていなかった。
なんっっっにも艶かしくないし、観てるこっちはヒヤヒヤしたよ!ラブシーンでヒヤヒヤするってどういうことだよ!?笑  あの回放送後はTwitterでも、ぎこちないwwとか、  経験ないのかなww、下手くそかよwwってオタクたちが草生やしまくっていた。そりゃそうだよな、あまりのぎこちなさに笑ったもん。
私もあのとき、実際の場合でもあんなにぎこちないのかな?(笑)  って想像しちゃったくらいだもん。エロさを出すシーンで笑いが起こるってどういうことでしょうか。
 
 
 
 
 
 
結果:愛着がわく
 
さっきも書いたけど、ラブシーンのぎこちなさこそ、彼に地味男子が似合う所以だな、と思います。あのラブシーンがあるから、彼がキラキラ王子だとしても、見てる側は違和感なく受け入れられるんだよね。あんなの見せられてしまったら、こっちは笑いを超えて、親心すら生まれてしまう。
それにほら、ファンは安心するじゃない。あの歳で慣れた手つきでされたらそれはそれでびっくりするじゃん?あのぎこちなさを見て、ファンは可愛い♡と彼に愛着がわく。そして、「あんなにぎこちないんだもん、健人くんはきっとそういう経験が少ないんだ!」と妄想し、安心する。
 
 
 
 
 
 
アイドル・けんてぃーとはギャップがあって、面白いかなーと思います。私は、中島健人くんにはラブシーン下手くそなままでいてほしいと思います。それが彼の個性だと思うから。だって、イケメンでラブシーンが得意分野の人は腐る程いるじゃん。だけど逆はそれほどいない。手慣れた人たちがぎこちない風を演じたとしても、やっぱり中島健人のぎこちなさには勝てないだろうし、これが彼の味だと思うな。