現代っ子世にはばかる

ゆとりを思う存分享受した世代です。

【NEWS】6人が4人になる

◎NEWSの特徴の一つは、個人活動が多いところ!

山Pソロ活動にテゴマス、亮ちゃんは関ジャニと掛け持ち。だからソロ活動の兼ね合い、関ジャニ活動との兼ね合いで、NEWSとしての活動はあまり活発じゃなかった。でも常にこの状態だったから、これが当たり前なんだって思っていた。だから、一回一回のグループ活動に、ものすごい思い入れしちゃうんだよね。笑  やっときたグループ活動だ!って飛びついて、全身全霊で応援。これ完全にNEWS担あるあるだったよね。笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎衝撃の2人の脱退。
発表はジャニウェブでの短い言葉だけ。あまりに唐突すぎた。唐突すぎて、気持ちはおいてきぼりだったなあ。
 
いやあー脱退発表があったあの日はびっくりしすぎて魂飛んでた。それから半年は魂飛んだままだったよ。まあね、脱退発表までの空白期間、何かおかしい空気はあったんだよ。普通、NEWSが活動してない時は、山Pが活動してる時なのに、山Pも全く活動してないもんだから、ん?なんかおかしいぞ?と思ってはいた。でもまさかこんな結末になるとは夢にも思わなかった。
 
 
 
 
 
 
 
◎なぜ脱退に至ったのか
私なりに、なぜこうなったのかを推測すると、きっと山Pがソロツアーを回って(アジアとか)、自分に自信や弾みがついたから、NEWSを辞めて、1人で色々とやってみたいという想いが強くなった。→なら解散だ→亮ちゃんもNEWS辞める→他の4人は続けたい  という流れだと思う。NEWSから2人が出たんじゃなくて、解散するはずだったけど、4人が解散させなかったんじゃないかな。

 

 

 

山Pが弾みをつけたライブツアーはきっと、《SUPERGOOD SUPERBAD》のことで、あれはNEWS脱退発表の前年にやっていて、初めて日本全国だけでなく、海外(アジア)も回ったツアー。私も行ったけどこんな一面もあるんだ〜すげえ〜って感動した。確かに、グループでやっていることと、ソロでやっていることは全くの別物だったんだよね。どっちが良いとか悪いとかの話ではないんだけど。今はまた違うけど、当時のNEWSのイメージは、ほわっとしてて、キラキラシティボーイって感じで、アイドル感が強かった。色で例えるなら、白。それに対して山Pソロはダンサブルでクラブっぽい感じ。色で例えるなら、赤。きっと、彼のやりたいことの方向性はNEWSのカラーとはまた別のところにあるのかな、と感じたことも事実。

 

 

 

シゲが「もう歯止めがきかない状態だった。」って当時の山Pのことを言っていて、NEWSの方向性と自分のやりたいことのギャップ、それを上手くまとめられない自分に悶々としていたのかな〜と思います。個人の仕事をすれば、グループの活動はセーブされるし、またその逆もしかり。これ、意外と知らない人多いんだけど、今はNEWSリーダーは慶ちゃんだけども、4人になる前まではずっと山Pだったんだよね。テレビでよくNEWSのリーダー誕生話をするから、《NEWSリーダー=小山慶一郎》のイメージが定着しちゃってるかもね。

 

 

 

 

 

 

そして脱退後初のライブで、山Pはそのことに触れていて、「グループの番組と自分のドラマが被ってしまって、グループの番組を断った俺が許せなかった。その時から〜」って言っていた。グループの番組とドラマがほぼ同時期だったのは、'09年のこと。その年、グループの番組(走魂)は11月にスタートし、ドラマは『ブザービート』7〜9月 クールで、立て続けに'10 1〜3月クールに『コードブルー』があった。ど被りですね、間違いない。ライブ会場でその件を聞いたオタクたちは、みんな'09年を思い浮かべだと思う。

グループの番組は、ドラマじゃないし毎回出なくてもいいんだから、やろうと思えば出来たのに断ってしまい、どっちも中途半端になってしまうのが許せなかった。ってことなのかなあと勝手に想像しております。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで4人に。続く