現代っ子世にはばかる

ゆとりを思う存分享受した世代です。

映画『ピンクとグレー』 感想!

シゲアキ先生の処女作、「ピンクとグレー」が、2016年1月に公開!!!!!




いえーーーーい\(^o^)/






ということで自分なりに、ピングレの良さ等々を語りたいと思います。








この話を最初にざっくり説明すると、二人の少年の栄光と挫折。(くそざっくり) スターダムをとんとんとーんと駆け上がっていくごっち(中島裕翔)と、その横で挫折を味わうりばちゃん(菅田将暉)。小説では挫折を味わうりばちゃんが主人公です。











話の中でりばちゃんは、大阪から横浜に引っ越してきて、中学受験して中高一貫の私立校に通い、またその学校が渋谷にあるのよ。もうこれ完全にシゲじゃね!?!?!?シゲって確か出身は大阪で、中学から青学付属に通ってるもんね!?シゲだね!?って勝手に思ってた。しかしシゲはりばちゃんのように挫折したわけではなく、どちらかというとキラキラした芸能界にいるもんね。シゲにこういう同じく夢を目指したものの、途中で離れ離れになってしまった友だちでもいるのだろうか、って勘ぐっちゃったよ。たぶん私の妄想だけど。











ピングレは爽やかじゃない、青春群像劇って感じかな!笑  とくに、最初はお互いエキストラだったのに、ごっちだけがどんどんお仕事入るようになって、家空けるようになって…(2人はルームシェアしてる)。それを見かねたごっちがりばちゃんをバーターで自分のドラマに出そうとするところ!ごっちは良かれと思ってしてやってるのに!って思うし、りばちゃんは、お前のお情けなんかもらいたくねえ!って突っぱねるし。

客観的にいったら、バーターをありがたくちょうだいするのが最善なんだけど、突っぱねたくなる気持ちも分かる。あー青春だ!そこからどんど溝が生まれていって、もう埋められなくなってしまって…。


2人は離れ離れになってしまったものの、いつも心の片隅にはりばちゃん、ごっちの存在があるのです。



離れ離れになったままじゃ話終われないよね?





まあそこからちょっとあるんだけど、それは映画にてってことにしましょう。とにかく、最後の1P、…え?って思います。心がピンクとグレーになる作品!(どういうことだよ)淡い幸せと淡い切なさ。








今までは小説の感想だったけど、ここからは映画の感想を書きたいと思います。

まず声を大にして言いたいのが、映画を観てから小説を読んでくれ。



もう一度言おう。

映画を観てから小説を読んでくれ



基本小説ベースだけど、大胆にアレンジされてる。これがまた本当に驚くんだな。フライヤーには、「62分後の衝撃」の文字があるけど、本当にその通り!映画を観ながら、え!?あ!?え!?と騒いでました、心の中で。
私が映画の中で好きなシーンは、溝が生まれてしまい、半ば喧嘩別れをしてしまったりばちゃんとごっち。高校の同窓会で再会し、そのあと2人きりで話すシーン。会うのは久しぶりだし、最後の会話は喧嘩でギクシャクしたまんまだったのに、再び会ってみると、昔みたいに親友に戻っている。まさにこのシーン!りばちゃんにとってもごっちにとっても、決してキラキラした青春時代じゃなかったけど、やっぱり、この時代を共に過ごした人ってかけがえないんだな〜としみじみ思いますよ。



私はこの映画、観てよかったなって思ったかな。小説を先に読んでるから、終わりを知ってるし、先入観あるからどうかな〜なんて思ってたんだけど、そんな心配は全然いらなかった。特に、62分の衝撃のあと!62分後から最後は驚きの連続で、面白かった!!!!!!!




それと私のもう一つの爆推しポイント


中島裕翔好きな人は絶対見るべき



ここが最大のポイントなんじゃないかな!!!!!!裕翔りん(勝手にそう私が呼んでる)って清潔で真面目で、優等生っぽいイメージがわりとあると思う。





だがしかしだな!その優等生裕翔りんのイメージをぶち壊すシーンがたっぷりあるのだよ!もーーーそこが最高すぎる!!!!!!!くそかっけえんんだよ!
まず第一にタバコを吸うシーン。裕翔りんタバコ吸っちゃうの!?くそかっこいいんだけど!?!?!?そのあとも、ベッドシーンがあるわけで。またそのベッドシーンがなかなかの生々しさなんですよ!!!!最高か!!!!!








映画の中で、裕翔りんが壊れていく様がとてもよかった。胸が痛くて、顔が歪んでしまうくらい。この映画をみたあとは、裕翔りんの見る目が変わった。まんなにもそれを体験してほしいな!!


祝!『傘を持たない蟻たちは』ドラマ化

 
シゲアキ先生の短編小説である『傘を持たない蟻たちは』が、この度ドラマ化されることになりました〜!!いえーーーい!!
 
 
ドラマ化される話は、収録されている6話中3話!↓
【にべもなく、よるべもなく】
【恋愛小説(仮)】
この三つについて語りたいと思います。
 
 
 
 
 
これはカサアリの中で映像化したら1番面白い!と思いますよ、個人的に。途中まではよくある男女の話なんだけど、読み進めていくうちに、え…うそだろ…こわ…って不気味になってきて、読み進める手が止まらなくなる!!最後なんて、ええええええええええこわあああああああああで幕を閉じるんですよ。世にも奇妙な物語系。
 
 
不気味に感じる理由をささっと書きますよ〜。この話は、二場面で構成されています。一部は美女を落とそうとする男性目線、二部はその美女目線で描かれているのです。男性目線の部分を読んでいるときは、なんてことなかったんですよ。あ〜よくある話ね、ヤれない女を落とすってやつな、はいはいって。
 
 
 
さて、問題は美女目線部分ですよ。
 
 
 
男性目線場面では、美女はツンとしていて、まさに隙なし。彼のさりげないスマートなアプローチに見向きもしない。しかし、思いもよらない共通点を通して、ぐっと距離が縮まり、あっという間に彼のペースに…。
 
美女目線場面では、しかしそれがどっこい、美女の方が彼より何億倍も上手だった。読んだときに思わず、ええええ!あのときのあれ、実は彼女の策だったのかよーーー!って叫んだよね!(心の中で)  女って怖い…っていうかこの美女やべえ女…。最後のページなんてもう…ホラーでしたね!笑
 
 
 
でもすごく劇的というか、起承転結はっきりしてるというか、とにかく映像化が楽しみな作品!
 
 
 
 
 
 
2.【恋愛小説(仮)】
この話は、最初ファンシー感にびっくりしましたー。シゲもこういうファンシー設定の小説書くんだ。笑  
ざっくり説明すると、自分がPCに書いた話がそっくりそのまま自分の夢になって出てくる→その夢に出てくる女性に恋してしまう
めちゃくちゃファンシーじゃん。なにこれいつもの悶々としたシゲアキタッチはどこいった。
 
 
 
 
って最初は思っていたわけですよ。でも実はその女性、主人公がかつて小学生のときに好きだった女子。ここからシゲアキワールドが始まるわけですね!ふぉーーー!最高か!!!もちろん、その子と円満にいったはずもなく、彼にとってもやもやした、苦い思い出になってしまっていたんですね。(なぜ苦い思い出になってしまったかは、カサアリを読むorドラマ見て欲しい)
 
 
 
 
 

実はカサアリの中で1番、主人公が自問自答を繰り返し、悶々とした話なのではないかと個人的に思っています。最後も、その女性と巡り会って、結ばれました〜なんていうディズニー的展開ではないしね。そういうところが好きなんだけどね、シゲアキ先生っぽくて。

私はその女性、本仮屋ユイカ希望!

 

 

 

3.【にべもなく、よるべもなく】

この話が映像化って知って驚いたよ!攻めたな、フジテレビさんよ!これは話のエンターテイメント性より、衝撃ですね?

思春期真っ盛りの、男子中学生の話。そして同性愛の話でもあります。いやー生々しい!とにかく全体を通してじとーっとしてる。

 

 

 

話の始まりは、主人公の男子中学生、純くんが同じ中学の先輩(男同士)がイチャイチャしてるところを偶然にも見てしまったことからです。

その光景を見たときは、気持ち悪い、吐き気がする。と嫌悪感をあらわにしていた純くん。

 

 

しかし純くんはあとで、

「僕は同性愛者を気持ち悪いと思っているのは確かだ。しかし、彼らも好きでそうなんじゃなくて、たまたま好きになった人が男なだけであって、僕が知らないだけで、実はそういう人たちは少数派ではなく、多数派なのかもしれない。理解出来ない僕が悪いんだ(的なこと)」と言っています。

 

 

 

これって、意外に私たちマジョリティー(異性愛者)の核心を突いているな〜と思いました。私も、今までずっと純くんが言ったことと同じことを思ってたし、きっと、実はこういう考えの人はたくさんいるんじゃないかと。

同性愛者は今や当たり前だし、実際にいることも知ってはいるんだけど、どこか他人事で自分には関係ないって思ってたような…。でも理解出来ないのは悪いことだと思っているから、理解してるフリをするっていう…。

同性愛やバイセクシュアルが遠い他人事だと思ってた人はぜひ見て欲しいですね!!はっとさせられるというかなんというか。最後は、私たちみたいな理解してる風の人たちがどうしたらいいのかも書かれています!!

 

 

 

カサアリの中でも一番、映像化されたときの想像がつかないのがこの話!でも一番楽しみだな、私は!!!

ここ最近、同性愛者とかバイセクシュアルが話題になってるし、逆にこの話をピックアップしてくれたおかげで、考えるきっかけになったから、よかったのかもしれない。(大げさ)

 
 
 

岩橋玄樹という存在

岩橋玄樹

 
いわち〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜💗💗💗💗💗💗
'14・'15  2年連続で恋人にしたいJr第1位に輝き、今1番人気のあるJr。
私がすげえなって思うのは、ファンも多いけど、アンチも大量にいるところ!!逆か、あんなにアンチがいるのにファンが大量にいるところか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
確かに、あのキャラは好き嫌い分かれるタイプだと思うんだよね。めちゃくちゃぶりっ子で、周りからは姫扱いされているけど、ダンスも歌もそこそこ。嫌いな人にとっては何で人気があるのかさっぱり。
なのに、群雄割拠のJrの中でトップに君臨し、センターにいる。嫌いな人からすると、もう気に食わないのなんの。
 
 
 
 
私はだからこそ、いわちはとんでもない人だと思うんだよね。ここで最強無駄情報だけど、全くジャニーズに興味のないうちの母は、何回見ても他のJrは覚えないけど、いわちだけは一目見た瞬間から、わ!なんかこの子目に留まる!って最初に名前を覚えた。人に全く興味がないうちの母がそう言うなんて、大したもんだ。(どこから目線)オタはもちろん、一般にも目に留まる彼の吸着力。私はそれが岩橋玄樹の魅力だと思う。「誰かの目に留まる」って一番最初の関門だけど、一番難しい。どんなに良いやつだろうが、ダンスが上手かろうが、誰の目にも留まらなかったら何の意味もないじゃん。
誰も見てなかったら終わりなこの世界で、「誰かの目に留まる」ことができるのは最大の武器だし、それが才能でもある、と私は思うのね。だから彼は才能の持ち主で、目まぐるしいJr界でテッペンまで上っていける人。
 
 
 
 
 
 
 
 
だっているじゃん、あ〜顔良くてなんでも出来るのに、なんか覚えられないんだよな〜って人。逆に、たいしてなんも出来ねえのになんかインパクトあるんだよな〜って人。これでいうといわちは確実に後者(いわちがたいしてなんも出来ないやつとは言ってません)。彼の底知れぬ吸着力に、知らず知らずのうちに引き込まれてるんだな、私たちは。
 
 
これからも彼は、Jr界に嵐を起こしてくれると思うな!それでいつか、Jr.界を飛び越えて、色んな世界で台風の目になってくれるはず!

【NEWS】6人時代の話〜グループ活動編〜

 
 
まだNEWSが6人だった頃、FCは関ジャニ・KATーTUN・NEWSの合同だった。You&Jって名前で。私はNEWS目当てで入ってたけど、関ジャニやカツンのツアーも申し込み案内きていた。今じゃ贅沢の極み〜〜。
 
 
だから、錦戸さん目当てでNEWSコンにエイターさんがたくさんいたんだよね。当時はそれが普通だったし、エイターさんもNEWSの曲聞いてくれてるから、別に文句言う人もいなかった。だから、歓声は錦戸パイセンのときはすごかった。(山Pは言わずもがな)  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンサートに関しては、山Pと錦戸くんのソロコーナーは時間たっぷり取っていたけど、他の4人は二人ずつだったり、まっすーのソロ曲(pumpkin)は1:30しかなかったり。笑  ぶっちゃけ、シゲのソロは座ってる人もちらほらいたのも事実で。 雑誌も、亮Pと4人じゃカット割もページ数も普通に違ったし、歌だって山Pありきの曲がかなり多かった。っていうかもう、なにもかも、全てにおいて配分が違っていた。
 
でも当時は、これがおかしいなんて全く思っていなかった。 歌のパート割りも雑誌のページ数もの差も、違うことは気付くけれども、それに対して怒ることはなかった。というかその発想にならなかった。まっすーのソロ曲が1:30しかないことも、音源化されて初めて、「あっこんな短かったんだ〜」って気付いたくらい。
 
 
 
 
 
 
 
 
なんでこんなこと言うかって???
 
 
 
 
そう、それが普通だと思ってたから!
 
 
 
正直、当時ほNEWSの人気は錦戸山下で7割(いや、8割かな笑)を占めていた。あとの3割を4人で割っていた感じ。オタク人気がそうであるように、一般知名度も明らかに違って、山PはCMにドラマにたくさん出ていたから、ジャニーズ興味ない人も知っていた。それに対して4人の知名度の低さよ!!!!今じゃ手越パイセンはすごいけど、当時私が「テゴマスのCD買ったんだ〜♡」というと、「テゴマスって…?」ってガチトーンで聞かれてたからな。テゴ+マスなのか、テゴマスで1人なのか浸透してないレベル。(その子は特に疎い子だったけども)
 
 
人気も知名度も違えば、そりゃ活動に影響するでしょうよ。これは差別じゃなくて、ニーズに応えた結果。
 
 
 
 
 
6人時代のシゲ担は「今日もシゲ全然映んねえな〜〜〜!」ってよく言ってたもんね、笑いながら。笑  もう少し映してほしいな、と思いつつも、まあしょうがねえかー!と納得していた。
 
 
 
 
だから、この前NEWSのライブに行ったとき、みんな平等にソロコーナーがあることとか、シゲのソロコーナーで誰も座ってないこととか(笑)、もはや新鮮に感じたよね!!それに、チュムチュムのフォーメーションが、びっくり!なんと、サビでコヤシゲが中央!涙  今までじゃありえなかったよ!!
 
 
 
 
 
 
 
でも、だからって6人のときが悪いなんて微塵も思ってない。もう一回やり直せたとしても、同じようにして欲しいな。逆に、明らかに山P亮ちゃん人気がズバ抜けて高いのに、そこを抑える意味がないだろ。それに、4人の活躍がゼロだったわけじゃないし。 4人のときも、6人のときも、「NEWS」っていうグループ名こそ同じだけど、全く別のグループって捉えてる。
 

今日からジャス民。


ジャス民への扉は突然に。








重岡大毅くんが夢に出てきたから!








その夢がまたほんとに良い夢だったんだよね〜( ´ ▽ ` )ノ重岡くんがめっちゃクールでかっこいいの。たぶん、重岡くんをCMか何かで見て、アオハライド読んで寝たから、CMの重岡くんとアオハライドの洸くんが重なったんだわ!それで、最高の形で私の夢になったんだな←安直





とはいえ、実際の重岡くんって洸くんとはかけ離れてるタイプだよね。笑  










周りに、「夢に重岡くんが出てきたから今日からジャス民になる!」っていうと、は?ウケるwwwの反応でございます。(当たり前)





パリピポ買います〜

なぜだ!!



フジテレビ!!なに考えてんだ!!!








3月で一気に色んな番組打ち切り、枠移動。4月から革新させるつもりですか!?フジテレビは地上波になってからというもの、低視聴率になってきて、一時期は1位だったのに、日テレに抜かれている状況。











さんまさんや華大さん、木村の佳乃姐さんを投入して起爆剤にするつもりですか!?出演者が良くても企画がつまんなかったら番組はつまんないよ!!泣  これで世界旅系かクイズ番組だったらキレるよ、マジで!!コンプライアンスがなんだってんだよ!!!

【山P】NEWS脱退

NEWSメンバー脱退問題は現NEWS4人にスポットが当たるけど、山P側から考えるとどうなの?

 
 
ということについて、書いていくぞーー。
 
 
 
 
 ◯1位が遠くなる
まず脱退後、山Pはレコード会社をこれまでのジャニーズエンターテイメントから、ワーナーに移籍。
CD不買時代になったこともあって、移籍してから、めちゃくちゃCDの販売形態が増えた。それまで2パターンぐらいだった販売形態が、5パターン程に増える。当時学生でカツカツの私も頑張って3パターンは買ってたね。
 
 
 
 
なのに、いかんせん売り上げ1位が獲れない。(オリコン週間ランキングのこと)今までは1位だったのに!なんでだよ!CDパターンは増えてるのに!!めちゃくちゃ買ってるぞ?なんなら2倍は買ってんぞ?
答えは大変シンプル。2位になってしまうのは買う人が減ったから。タイミング調整やら細かい事情はあるにしろ、これが理由なんだと思う。山Pも脱退直後のライブで「NEWSの山下智久は週間1位なのに、ソロの山下智久は1位じゃない。」と言っていて、胸が痛かったけど、納得したな〜。同じソロなのに結果は全然違っていて、やっぱりNEWSを抜けたダメージは大きかったのかなあ、当時は。
 
 
 
 
 
 
◯ソロの山Pもかっこいいよね
少なからず打撃はあったけど、リスクを負ってまで抜けたのだからやっぱり何かしら理由があるはずよね。これはもう完全にオタク目線なんだけど、NEWSにいたらできなかったこともやっぱり出来てるわけで。
 
 
 
きっと、早かれ遅かれ、こんな風になったんだろうなーってしみじみ思った。