現代っ子世にはばかる

ゆとりを思う存分享受した世代です。

【恋愛相談返答集】困ったときはこう返そう!

私、恋愛相談をよくされるんですよ。

私自身、恋愛経験は全く豊富じゃないのに相談を持ちかけられるから不思議だよ。たぶんだけど、私は合いの手がプロ級だから、相談相手が気持ち良くなるのかも。相談(というか話聞いて欲しいだけ)してくれるのは嬉しいんだけど、たまにイラつくものもあるじゃない?最初は間に受けて腹たってたけども、もう数こなすうちに悟りを開いたのよね。だから、イラつく人たちや、これなんて返せばいいんだろうと悩んでる人たちへ、参考になればと思い、書いていくよ!

今回は、相談してくる人を花子ちゃんとします。

 

 

 

ケース1、私○○のこと実は好きなの!

 

A、そうなんだ!!LINE交換してる??

→このパターンは可愛い&微笑ましい。これはとにかく話を広げてあげましょう。相手はどんな人?どこで知り合った?などなど…。そして片思い相手のことを褒めましょう。もう既にLINE交換をしていてやり取りを開始していたら、どんなやり取りしてるの!?と立ち入って聞いても大丈夫です。私の経験上、百発百中でめちゃくちゃ乗り気で、「実はね、こんな風にやり取りしてるの!」とLINE画面を見せてきます。とにかく片思いの楽しさを共有したいんですね。もし、LINE画面を見たら、キャッキャしてあげてください。

 

 

 

 

ケース2、〇〇からのLINEがウザいんだけど〜!

 

A1、そっか〜。〇〇は絶対花子ちゃんのこと好きだよ!

→これで間違いない。もうね、これは相談に見せかけた私モテるんです自慢。だから、その〇〇(くん/ちゃん)のことを掘り下げる必要もないし、アドバイスの必要もなし。ただただこちらサイドは耐えるだけ。それで時々、え〜それキモいね!とてきとうに相槌を打てばよし。

 

 

A2、じゃあブロックすれば?それか終わらせる文送ればいいじゃん?

→この返しは、相談を強制終了させたいときに使いましょう。奥の手of奥の手。ただ、花子ちゃんは自分のモテる自慢をしたいだけなので、あなたがA2のような返答をした場合、ほぼ確実にムッとします。

 

 

 

 

 

ケース3、私、〇〇のこと好きなんだけど、〇〇って、既婚、または彼女or彼氏いるんだよね…。

 

A、ま、マジか〜〜〜!でも好きになっちゃったのは仕方ないよね…。

→自分の好きになった相手はもう既に売却済だったパターンね。このパターンはクソほどダルい。正論ぶちかますのもNGだし、こういう相談をする人は不幸な恋愛をしてる私、に酔ってるところが大いにあるから、いいじゃんいいじゃん!ってポジティブに背中押すのも、つまんなくなっちゃうらしい。だから、全否定は避けつつも、それは辛いよね…感を出してあげる返答がgood!

 

 

 

続く

ジャニーズはネットに強い人いないのか

ここ最近のジャニーズは、新時代の幕開けだよね。ネット写真が解禁され、ブログも顔写りOK、Jr.はYouTubeアップもしだした。あとは、チケットはデジタルになったね!いやーすごい!これはありがたいよ。

 

 

 

あとは、スキャンダル周辺の対応のみだね!笑

最近、ジャニタレのスキャンダルが頻出していて、巷では「握りつぶさないってことは、ジャニーズ事務所の権力弱くなってんのか…」とか「タレントの管理甘すぎ…」とか色々言われてんな!!!

これに対して私は思った、タレントの意識が低下したのでもなく、管理が甘くなったわけでもない。単に、スキャンダルの揉み消し方が、まだアップデートされてないからなんじゃないかと。

 

 

 

正直、タレントや事務所のスキャンダルの頻回さ・重さは昔も変わらないよね?週刊誌にも色々な記事が掲載されてたし。まあ本当かどうか分からないのもいっぱいあったけど。そういうの含め、前まではほとんど週刊誌止まりでスッと消えた。きっと何かしらの方法で揉み消せたんでしょう。だけど最近はSNSの普及がすごいから、単純に今までの揉み消し方で対応しきれてない。だいたいが相手のSNSの投稿やファンの投稿から火がついて、気付いたときにはもう収集つかなくなってる。拡散力も週刊誌のみの場合とは比べ物にならないくらい早いし、もたもたしてると、嘘も本当のように伝わる。そして色々死ぬ。

 

 

 

 

だから早急に、ジャニーズはもっとネットに強い人を増やした方がいいよ!!ってか増やせ!ジャニーズって良い意味でも悪い意味でも保守的というか、伝統的で、なんかもたもたしてない?そのスロー感が、物凄いスピードで進むネットと相性悪いんだよ。

慶ちゃんあなたは投げられる石を受けてください

慶ちゃんが6/27から芸能活動再開だってな。引き続きキャスターは控えるんだけど。

 

3週間での復帰、世間では早いって言われてるね。でもね、もういつ出てきても叩かれんだから、いつ復帰しても同じだよ。短期間で復帰すれば「早すぎんだよ反省してねえだろ」だし、期間置いて復帰すれば「何だよ今頃、誰も待ってない」って言われるのが妥当でしょう。世間の風当たりは強い。

 

公式のコメントも更新されて、読んだ。内容は有料会員限定だから明らかに出来ないけど、とにかく反省している言葉が並んでたね。だけどね、正直またやるんじゃないか?って疑うよ。もう慶ちゃんの言葉を素直に信じられなくなってしまった。それくらいには、これまでのことが拭えない。口で言うのはいくらでも言えるもんね。ファンは行為自体もだけど、あの去年のライブでの反省の言葉を聞いた後に、また同じようなことをしたことにがっかりしてんだよ。分かってる??

涙ながらの反省の言葉を、あの時はみんな信じた。なのに、おおよそ反省してると思えないことを繰り返していることに驚いた。だから、今回もコメントを読んでも、またやるんじゃ…?って脳裏をよぎるよ。

 

 

 

 

ファンだからこそ、あえて言うよ。慶ちゃんの未来はかなり厳しい。

 

スポンサー問題で冠番組はもう半永久的に持てないだろうし、今後テレビ露出もきっと激減する。露出が減ればファンも増えないし、だからといって今のファンを100%維持なんて無理だから、ファンも減る一方だろう。キャスターで築いた真面目インテリイメージはもう絶対取り戻せない。世間の慶ちゃんへのイメージは"チャラい私生活ズブズブの人"から永遠に変わらない。一生消えない傷をつくった。

ファンはね、慶ちゃんのことを近くで見たいって思うから、ちょっとした変化に目を向ける。だけど世間の人はそんなことしないから、ひとつの出来事でその人を判断するんだよ。分かってるのかな?

 

 

 

 

世間世間ってさっきから言ってて、何だようるせえな!って思うよ自分でも。ファンがいればいいだろって。それってファンがたくさんいるなら良いけど、正直絶大な人気なのかと言われたら、頷けない。圧倒的ファン数じゃないからこそ、世間に受容されんのが大事なんじゃんか。そこを失ったんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

これだけのことをしたんだ。世間やファンから投げられる石を、せめて受けてください。

慶ちゃんへ

私はとても悲しい。NEWSのこれからが不安でしかないこと、もはやこれからなんてないのでは?という絶望感で。そして何より、小山慶一郎本人に対して、とてもがっかりした。私はまがりなりにも、NEWSオタクとして、慶ちゃんを応援して見てきたものがあるから、何とも言いづらくて。

 

 

 

 

慶ちゃんが大学生のときは見た目が完全パリピで、『weeeek』のMVでスーツを着たときにはメンバーから、「お前スーツ似合わねえな!」「チャラリーマン」といじられていたのを私は笑ってみていたな。当時のNEWSではパリピ、チャラい=慶ちゃんで、それが良いキャラになっていた。私もそれが良い個性だし、面白いな(良い意味で)と思っていた。

パリピと言われる所以は見た目だけじゃなかったのも事実で、そのときからよく週刊誌には抜かれていた。クラブで豪遊!とかモデルとホテルへ!とか、ね。だけど私は全然気にしてなくて、元気だなあ慶ちゃんは!ぐらいだったし、何なら信じていなかった。

 

 

だからそのパリピ隊長、慶ちゃんが『news.every』に抜擢されたときは、本当にびっくりした。だけど本当に嬉しかった。チャラいイメージの影で、明治大学を模範生徒として卒業したことを知っていたから。卒業判定?の電話をライブのMC中にかけてたよね。私もあの場にいたから、お祝いしたよ。

最初は慶ちゃんの黒髪が新鮮だったけど、今じゃすっかり見慣れたもんな。それに、小山慶一郎=キャスター、真面目 のイメージが世間に知られる程、慶ちゃんがキャスターとして認められるのが本当に嬉しかった。

 

 

 

NEWSが6人から4人になって、初めてのライブにも行った。慶ちゃんの柔らかいながらもしっかりと芯のある言葉を聞いて、もう一生ついていこうと思った。あの言葉に、目に嘘はないと思ったし、彼を信じていれば安心だと。

そして私の信じた通り、24時間TVのメインパーソナリティを務めたり、冠番組が始まったり、W杯のテーマソングを歌ったり。まさに慶ちゃんが、NEWSが色んなものを見せてくれた。本当に嬉しかった。

 

 

 

 

 

だけど、今の状況は何だ?

自分の看板でもあるキャスターを失いかけてる。個人の仕事はもちろんのこと、NEWS単位での予定もすっ飛びそうじゃないの。しかも原因が私生活のだらしなさって。ダサすぎて笑えない。大の大人がやることじゃないよね?もう何年も社会人として働いていて、年齢も経験もそれなりに重ねてきた人がすることなのか、すごく疑問。それと何よりも、もう慶ちゃんの言葉を信じられなくなってしまった。

 

 

前回のライブでは涙ながらに、「去年は色々あったからこれからは…」と暗にこれまでのやんちゃを反省していた。私はその言葉を信じ、もうよく分からん週刊誌ネタは出ねえなと安心した。だけど、私の安心は打ち砕かれた。正直激怒してるよ。これが反省してる人のやることなの?とてもあの涙を流した人のやることとは思えないし、信じた自分がバカだったよ。

今、慶ちゃんの信用やイメージは地の底まで落ちている。世間の慶ちゃんに対する真面目なイメージはもう完全になくなったし、ファンの信用も揺らいでいる。

 

 

 

 

処分は一定期間の活動休止で番組は打ち切りでも中止でもなく、休止。CDも予定通りリリースだってね。15thの味スタライブもまだ望みがある。全打ち切りになってもおかしくないのに、一応戻れる席を守ってくれているんだから、事務所が優しくてよかったね。事務所がこれくらいの処置で済ませているのは、慶ちゃんが居なくなったら困ると判断したからでしょ?これでただのお荷物だったら、即切られてる。だけどそうじゃないのは小山慶一郎じゃないと出来ない仕事があって、慶ちゃんが生み出すもの(利益)が大きいからでしょ?頼むからもうバカみたいなことはやめて。

 

 

私は戻ったきて欲しいのか、どうか分からない。だけど、どの面さげて出てくんの?とは思うよ。

【Starbucksにお願い】パイナップルブラックティーを日本でも売ってくれ

スターバックスのティーメニューの中の一つ、《パイナップルブラックティー》これがめちゃくちゃに美味い。リットル単位で飲める。

この感動を文字で伝えるのはめちゃくちゃ難易度高いんだけど、どうしても言いたい。そしてあわよくば、スターバックスジャパンの人の耳に届いて欲しい。

 

 

 

 

 

 

                       f:id:sweetjelly:20180611155946j:image

後味が爽やか。ブラックティーだから甘さ控えめで、ごくごく飲める。リットル単位で飲める(2回目)。だからといって物足りなさは全くなくて、パイナップルフレーバーだから後味にパイナップルの風味がふぁーっと抜ける。鼻とか食道とか色々。そのフレーバーが最強。フレーバーティーにありがちな、妙に甘ったるすぎるやつとか、トイレの芳香剤の味すんじゃんコレ!っていう安っぽい強い味?香りでは全くないのよ。パイナップルの果汁がそのままで、芳醇。主張は決して強くない、だけど存在感がある。もう最強。日本の女優界で言ったら上白石萌音。(なんの話)

 

茶の味も最高で、リ◯トンや午後◯ィーを軽く超えてくる。パイナップルブラックティーさんはこの私たちに媚びてこないのよ。印象に残ろうと、強い味出してこない。口に入れた瞬間はすごく控えめで、サラーっとしてる。それで、後味で余韻めちゃくちゃ残してくるんだよ!ごくって飲み込む瞬間に、ふんわりと香りと柔らかい味を残していくんだよ!!!!最高だな!!!!悪い女だぜ!!!!!!

もう虜になってるから、無意識に次の一口飲んでる。で、気づいたら全部飲み終えてる。

 

 

 

 

 

 

これはアメリカ旅行に行った時に初めて飲んだ。とにかく喉が渇いていて、近くにスタバがあったから、たまたま入って、コーヒーが好きじゃないから、ティーメニューを見て見つけて、注文。コーヒー好きじゃないのによくスタバ入ったな、って感じだろ。その時はトールサイズにしたんだけど、あまりの美味さに一気飲みして、受け取ってから店出るまでに飲み終えてた。なんだよこれ!!!!!悪魔の飲み物!!

あまりの美味さにテンション爆上がりして、速攻日本のスターバックスサイト開いたのよ。

 

 

 

 

 

売ってねえ。

絶望。調べても調べても、日本ではパイナップルブラックティーは販売してないらしい。最悪だ。しかも何が最悪って、他のティーメニューが

f:id:sweetjelly:20180611162811j:image

なんか不味そう。(大失礼)シンプルにフレーバーティー出せって。もう一つ、ゆずシトラスティーっていうのがあるんだけど、なんなんそれ。誰が飲むんだよそれ。もう一回言うけど、不味そう。そしてそそられない。ティーメニューにも力入れてよスターバックスジャパン。

 

 

仕方ないから、他で似たようなの探したんだけど、全然見つからない。むしろ変な味に当たって損してる。その度に、あ〜あの子が恋しい…と謎の片想いかましてる。

 

 

 

 

スターバックスジャパンさん、《パイナップルブラックティー》を日本でも販売してください

 

もう本当にお願いします!!!!!!!!!!もし販売してくれたら、毎月5リットル分は買いますから!!!!!昼飯我慢してでも買います!!!!!!!!私はりんごのパソコンカタカタやりたいがためにスタバに行く奴とは違うんです!本当にあなたたちの商品に魅了されてるんです!お願いします(土下座)

 

 

 

 

民放キー局を擬人化させてみた。〜親しみやすさが強みの日テレくん〜

テレビ局って特徴あるなーと思って、その特徴を自分なりに擬人化した。

乙女ゲームのキャラ紹介っぽくなったのは勘弁して。今回は日本テレビ。そうあの日本テレビだよ。

 

 

 

日本テレビくん

小学校教諭の32歳。旦那さんにしたい系男子

 

学生時代は野球部だったため坊主だった。また大学も田舎の国立大卒のため、おしゃれに疎い。ただ、野球部で培ったそのスポーツマン気質と、おしゃれへの疎さが親しみやすい雰囲気を醸し出し、生徒の子どもたちとその保護者のお母さんからは絶対的人気を獲得。仕事もそこそこ出来るため上司からの評判も上々。趣味は料理でおばあちゃんから教わった和食をよく作る。彼女とやりたいことは金曜の夜にジブリ作品を見ること。サプライズをすることもあるらしいが、子供騙しなのと、おしゃれ感に欠けるのがたまにキズ。とにかく一緒にいてほっこりするので、安心を求めるあなたにはぴったり。

 

結婚したい民放キー局ランキング:第1位

他のキー局くんたちと大差を付けて堂々の第1位。結婚するなら彼以外ありえないレベル。

 

人生終わったと思っている誰かへ

春は残酷な季節である

って誰か有名な人が言っていた。誰か知らんけど。春は何かが始まる季節で、きっと新しい出会いや新たなスタートに心を躍らせている人もいるでしょう。だけどそんな中、すごく憂鬱な人もいるでしょう。

 

受験に失敗して浪人が決定した人、自分の希望していない学校に入学する人

 

就活失敗して就職浪人する人、全くやりたくない仕事をする人

 

進級により、自分の嫌いな人と同じクラスになってしまった人

 

環境の変化で大切な人と離れる人

 

理由は人それぞれだけど、複雑な思いを抱えている誰かさん。周りを見渡せば、浮き足立っている人たちが目に付いて、見ないフリしようとすればするほど、自分の状況が悲しく思えて、あ〜もう人生終わったわwなんて考えてしまう。だけど、そんな悲観することなんて全然なくてあなたにもきっといい出会いがあって、それが人生を変えるよ。

 

 

 

なんて言うと思ったか

そんな綺麗事は、とっくにもう聞き飽きたでしょ。浮き足立っている側の奴から言われたって何のオチどころもないわ、慰めのつもりかようるせーなって。私もそう思うよ、だって私も憂鬱側の人だから。だから今回は私から少し言わせてください、流してもいいから。

 

私は春が大好きだった。なんでかって言うと、これまで春を最高の気分で迎えて来ていたから。高校は第1志望校に入学出来たし、クラス替えでも毎回新しい友だちが出来ていた。それと大学も現役で志望校に入学した。最初に言った、新しい出会いとスタートを切れたことに胸を躍らせていた。だけど今年は違う、全然違う。私は今春新社会人になるんだけど、その就職先が全く自分の希望していない業界・会社になる。仕事のモチベーションなんて全くないし、正直めちゃくちゃ憂鬱。

まあ、私の場合はなんでこんなことになったのか自分でハッキリ分かるし、その原因は自分だから、まだ不幸中の幸いかな 笑 悲観し気味の中、なんでこんな風に憂鬱な春を迎えることになってしまったのか考えていたら、少し分かったことがあった。

 

 

 

私は春をゴールだと勘違いしてしまっていた

 

第1志望の高校に入学した時、「ああ、これで目標達成した。大学進学も安泰だ」志望大学に入学した時も「ああ、これで目標達成した。就職先も安泰だ」って。やっとスタートラインに立ったばかりなのに、私はゴールテープを切ったつもりになってしまっていた。ゴールテープを切ったつもりの私は、当然安心しきってしまって何にもしなくなってしまい、ただ流されるように流されるだけだった。本当にバカだと思うよ。そうやってその後の努力を怠った私は、就活で失敗してしまった。

 

 

 

ここで、私の妹の話をするね。

私の妹はかつて、高校受験に失敗している。志望校に落ちて、全然行きたくない私立高校に入学した。その志望校はあるスポーツ(部)が強くて、妹はそこへ入部したかった。妹は県でも上位選手で数校から声がかかっていた。だけど、彼女はその志望校の部で私は強くなりたい!と他からの誘いを断って、受験に臨んだ。だけどその当時勉強が苦手だったため、落ちた。不合格という事実ももちろんのこと、大好きなスポーツを出来ないことは相当ショックだったみたいだった。

だけど、妹は今まで勉強が苦手だったのに、嫌々入った高校で最初に受けたテストの点数が高かった。それで希望を見出した妹は、今度は勉強を頑張るようになった。私が大学の受験勉強で苦しんでいるのを見ていたのもあって、「私は一般受験じゃ戦えない。指定校推薦で大学に行く」と毎日学校に行き、定期テストの勉強もコツコツしていた。その頑張りもあって、テストの点数は毎回高く、評定平均も80%を常に超えていた。そしてついに、指定校推薦で某女子大に進学出来たんだ。

 

 

 

すごいよ、我が妹ながら、本当に尊敬する。妹を見ていると、案外人生終わりじゃないし自分次第でどうにでも変われるんじゃない?なんて綺麗事を信じたくなる。それに、人生(ちょっと大きく言い過ぎたかな)にゴールなんてものはなくて、いつでもスタートを切れるんだよ。それよりも、はい!私はもう終わりです!って何にもしなくなってしまう方がとても怖い気がした。

 

 

 

 

 

 

だから私は、今春、何かのスタートを切ることにしてみる。私がこんな憂鬱に春を迎えることにはきっと意味があるんだと信じて、グズグズするのはもうやめるよ。そろそろ飽きてきたしね?春はゴールじゃなくて、何か踏み出す季節だから。私はこれまで逃げてきた英語の勉強を始めることにした。今までの受験英語だけじゃ上手くいかないから、ちょっと大変だけどね。

 

 

あなたは?